トップ / 自動車の個人売買の注意は

自動車の個人売買は

自動車の個人売買の注意は

自動車を個人売買する時の注意点

自動車を個人売買によって購入することは、中古車販売店で発生する「中間マージン」がない分、安価で車が手に入るメリットがあります。しかし、実際に個人売買で購入する時は、注意することがあります。個人で自動車を売買する際によくあるトラブルが、「名義変更」に関するものです。車を購入する側は売る側が提示した期日までに名義変更を行う必要がありますが、約束を守らずにお互いの信頼関係が崩れ、取引が頓挫してしまうことがよくあります。車の名義変更は、必ず約束の期日までに行うようにしましょう。個人間だからこそ、信頼関係が何よりも大切なのです。

車の個人売買の注意点

自動車は、新車の販売店のほかに中古車専門店、オークションなどの個人売買といった多様な購入の方法があります。中古車を購入する場合、中古車販売店を通さないことで中間マージンを取り除き、売り手も買い手もお得に取引をすることができますが、その反面、取引のトラブルには注意が必要です。せっかくお得に車を買っても、車検や名義変更にお金をかけるともったいないと感じますが、自動車は所有者に運行管理の責任があります。将来売却して手放す場合にも、車検証の記載と異なるとスムーズに取引できないし、駐車違反では所有者が責任を負うので、必ず名義変更等などの手続きをしておくことが大切です。

↑PAGE TOP